こちらのサイトが、ドキュワークスについて、よくまとめられています。
ドキュワークスを使用するのに、参考にされてみてはどうでしょうか
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドキュワークス 実践使用例 サイトマップ


2010年07月27日

DocuWorksで、文書管理システム構築

ドキュワークス(DocuWorks)とは、Microsoft社の「Word」「Excel」「PowerPoint」などのアプリケーションの種類を超えて一元管理でき、またPDFをはじめさまざまなフォーマットに対応しており、ドキュワークス文書からPDF・JPEGの作成も可能である。


ドキュワークスの特徴として、ドキュワークス文書の編集 & 加工が出来ます。ドキュワークス文書に付箋を貼る、文字や図形を書き込む、マーカーで線を引く、スタンプを押すなど、これまで紙で行っていた作業が、ドキュワークスで簡単に行なうことが可能です。

テキストアノテーションでは縦書きや自由な角度へ変更でき、細かい行間隔指定も出来るなど、より汎用性に富んだ編集・加工が可能となっています。

これにより、オフィス仕事がスムーズに行えることとなります。文書に付加した加工&編集は、画面上で移動や削除やコピーなどが簡単に出来ます。

ドキュワークスの機能で、ドキュワークス文書以外のファイルがアイコン表示が出来る。

マイクロソフトの「ワード」「エクセル」「パワーポイント」がドキュワークス以外のファイルやフォルダーを、ドキュワークス上にアイコン表示することが出来るのである。
また、ドキュワークス文書化されていないファイルやフォルダーをドキュワークスで管理出来るのである。

そして、PDFをはじめTIFFやJPEGといったイメージデータもドキュワークス上で表示可能。簡単に内容確認出来る上に、ドキュワークスでの一覧性あるのである。


ドキュワークスでは、用途に合わせたセキュリティを行える機能が豊富にあります。電子証明書/電子印鑑による電子署名をすることにより、本人が承認した事実を確保される。そのことで、ネットワーク上でのドキュワークス文書(電子文書)のやり取りが可能となります。

電子署名は、署名本人の証明情報を入手し、署名を確認して署名が正しいことや、署名後にドキュワークス文書に改ざんがないか確認することが可能です。

そして、複数の署名の場合、承認した順を分かるだけでなく、各人が署名した前後のドキュワークス文書を復元出来るので、承認者がどのような内容のドキュワークス文書に署名したかを確認することが可能なのである。

ドキュワークスは、文書管理ソフトです。

文書管理する上で、電子文書にするという考えがありますが、その電子文書にした管理でドキュワークスと言うのは、すばらしい機能が多数紹介してきたと思います。
これからは、紙文書の時代ではなく電子文書の時代になってくるのです。ネットワークで管理され、スムーズな決裁等々迅速化こそが、インターネット時代の最たる機能なのです。


ドキュワークスを購入する時、どこで購入すればいいのでしょうか。富士ゼロックスで作成しているソフトであるのは分かる。

でも、実際 富士ゼロックスのお店ってないですよね。

でも、考えて下さい「ソニー」「東芝」「日立」「マイクロソフト」のお店って言うのもないですよね。そうです、『量販店』にドキュワークスは売っているのです。量販店は現物を見ることが出来ますが、購入することさえ出来れば「ヤフーのオークション」「ネット通販」等々購入する場所は沢山あります。一度、量販店に言って、ドキュワークスがどの様なものなのか見てくるのもいいかもしれませんね。
posted by ドキュワークス at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157549199

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。