こちらのサイトが、ドキュワークスについて、よくまとめられています。
ドキュワークスを使用するのに、参考にされてみてはどうでしょうか
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドキュワークス 実践使用例 サイトマップ


2010年08月02日

図面も管理ドキュワークス

DocuWorksとは、Microsoft社の「Word」「Excel」「PowerPoint」などのアプリケーションの種類を超えて一元管理でき、またPDFをはじめさまざまなフォーマットに対応しており、DocuWorks文書からPDF・JPEGの作成も可能である。
DocuWorksの特徴として、DocuWorks内の一覧表示がある。ページプレビューを表示ことにより、DocuWorks文書を開かないで内容や情報を簡単に確認することが出来る。ページプレビューでは、選択したDocuWorks文書のサムネイルが拡大表示されるので、文書内容の確認が容易に出来るのである。
DocuWorksの機能で、DocuWorks文書以外のファイルがアイコン表示が出来る。マイクロソフトの「ワード」「エクセル」「パワーポイント」がDocuWorks以外のファイルやフォルダーを、DocuWorks上にアイコン表示することが出来るのである。また、DocuWorks文書化されていないファイルやフォルダーをDocuWorksで管理出来るのである。そして、PDFをはじめTIFFやJPEGといったイメージデータもDocuWorks上で表示可能。簡単に内容確認出来る上に、DocuWorksでの一覧性あるのである。
DocuWorksでは、用途に合わせたセキュリティを行える機能が豊富にあります。電子証明書/電子印鑑による電子署名をすることにより、本人が承認した事実を確保される。そのことで、ネットワーク上でのDocuWorks文書(電子文書)のやり取りが可能となります。電子署名は、署名本人の証明情報を入手し、署名を確認して署名が正しいことや、署名後にDocuWorks文書に改ざんがないか確認することが可能です。そして、複数の署名の場合、承認した順を分かるだけでなく、各人が署名した前後のDocuWorks文書を復元出来るので、承認者がどのような内容のDocuWorks文書に署名したかを確認することが可能なのである。
DocuWorksを使うと言うことは、文書管理ソフトを使っていると言っても過言ではないでしょう。DocuWorksは、PCで管理するものですから全てデータ = 電子文書なのです。そして、電子文書・・・難しいそうですが、ようはパソコンに入った写真だと思ってもらえればいいと思います。紙文書をデジカメで撮って、PCで管理する感じでDocuWorksは使えるのです。ですので、DocuWorksを使うことは文書管理すると言ってもいいと思います。
DocuWorksを購入する時、どこで購入すればいいのでしょうか。富士ゼロックスで作成しているソフトであるのは分かる。でも、実際 富士ゼロックスのお店ってないですよね。でも、考えて下さい「ソニー」「東芝」「日立」「マイクロソフト」のお店って言うのもないですよね。そうです、『量販店』にDocuWorksは売っているのです。量販店は現物を見ることが出来ますが、購入することさえ出来れば「ヤフーのオークション」「ネット通販」等々購入する場所は沢山あります。一度、量販店に言って、DocuWorksがどの様なものなのか見てくるのもいいかもしれませんね。
posted by ドキュワークス at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158172076

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。