こちらのサイトが、ドキュワークスについて、よくまとめられています。
ドキュワークスを使用するのに、参考にされてみてはどうでしょうか
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドキュワークス 実践使用例 サイトマップ


2010年08月17日

DocuWorksの検索機能

ドキュワークス(DocuWorks)とは、発売されてからの累計出荷数が200万ライセンスを越える文書管理ソフトである。ドキュワークスは、文書管理ソフトとしての地位を確立してきている。


またAdobe Acrobatに比べ紙を扱う感覚で操作できる点や、作成したデータのファイル容量が軽いのが特徴である。
ドキュワークスの特徴として、ドキュワークス文書内のOCR & 検索がある。紙文書をスキャニングで作成したドキュワークス文書は、内蔵のドキュワークスのOCR機能により、文字情報を添加することが可能である。ページ全体はもちろん指定した範囲のみのOCR処理も出来るのである。そして、OCR処理したドキュワークス文書から文字情報をコピーし、ほかのアプリケーションで利用することも出来ます。

また、スキャナーからの取り込み時に自動的にOCR機能を起動させたり、そのOCR結果をインフォビューに表示して、もとのドキュワークス文書を参照しながらOCR処理結果の修正を行なうことも簡単に出来ます。

ドキュワークスの機能で、ドキュワークス文書以外のファイルがアイコン表示が出来る。マイクロソフトの「ワード」「エクセル」「パワーポイント」がドキュワークス以外のファイルやフォルダーを、ドキュワークス上にアイコン表示することが出来るのである。また、ドキュワークス文書化されていないファイルやフォルダーをドキュワークスで管理出来るのである。

そして、PDFをはじめTIFFやJPEGといったイメージデータもドキュワークス上で表示可能。簡単に内容確認出来る上に、ドキュワークスでの一覧性あるのである。


ドキュワークスでは、セキュリティ機能が豊富にあるので用途にあったセキュリティを使えます。ドキュワークスでは、「56bit」と「128bit」のパスワード機能を備えています。それにより、複雑なセキュリティ設定が可能で、より協力にドキュワークス文書を保護します。このパスワードにより、ドキュワークスファイルを一括してのセキュリティ設定が可能で、「編集」、「アノテーション編集」、「印刷」、「転記」の禁止などの操作制限が可能なっています。
ドキュワークスを使うと言うことは、文書管理ソフトを使っていると言っても過言ではないでしょう。

ドキュワークスは、PCで管理するものですから全てデータ = 電子文書なのです。そして、電子文書・・・難しいそうですが、ようはパソコンに入った写真だと思ってもらえればいいと思います。紙文書をデジカメで撮って、PCで管理する感じでドキュワークスは使えるのです。

ですので、ドキュワークスを使うことは文書管理すると言ってもいいと思います。
ドキュワークスで、検索すると価格を気にしている人が多数います。ヤフー・Google 検索サイトで「ドキュワークス」と検索すると、「いくらぐらいするものなのか?」と質問している人が沢山います。富士ゼロックスのホームページに行けば定価15,200円と言うのは分かります。ですが、実際に富士ゼロックスで購入することは出来ないでしょう。そんな場合は、量販店に行くことをおススメいたします。

まずは、定価から数%割引されて、その上 購入価格の数十%と言うポイントが付くのです。それを考えれば実際の購入価格は、定価よりかなり安くなると思います。実際、定価で購入しても機能・性能を考えれば安いものだと思います。

posted by ドキュワークス at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159676741

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。