こちらのサイトが、ドキュワークスについて、よくまとめられています。
ドキュワークスを使用するのに、参考にされてみてはどうでしょうか
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドキュワークス 実践使用例 サイトマップ


2007年12月15日

ドキュワークス ビューワーダウンロード

ドキュワークス(DocuWorks)とは、富士ゼロックス社製の、電子文書と紙文書を一元管理する文書管理アプリケーションである。ドキュワークス文書生成や、ドキュワークス文書への電子署名、暗号化などを行うソフトウエア。作成されるデータの拡張子は、XDWである。
ドキュワークスの特徴として、ドキュワークス内の一覧表示がある。ページプレビューを表示ことにより、ドキュワークス文書を開かないで内容や情報を簡単に確認することが出来る。ページプレビューでは、選択したドキュワークス文書のサムネイルが拡大表示されるので、文書内容の確認が容易に出来るのである。
ドキュワークスの機能で、ドキュワークス文書以外のファイルがアイコン表示が出来る。マイクロソフトの「ワード」「エクセル」「パワーポイント」がドキュワークス以外のファイルやフォルダーを、ドキュワークス上にアイコン表示することが出来るのである。また、ドキュワークス文書化されていないファイルやフォルダーをドキュワークスで管理出来るのである。そして、PDFをはじめTIFFやJPEGといったイメージデータもドキュワークス上で表示可能。簡単に内容確認出来る上に、ドキュワークスでの一覧性あるのである。
ドキュワークスでは、セキュリティ機能が豊富にあるので用途にあったセキュリティを使えます。ドキュワークスでは、「56bit」と「128bit」のパスワード機能を備えています。それにより、複雑なセキュリティ設定が可能で、より協力にドキュワークス文書を保護します。このパスワードにより、ドキュワークスファイルを一括してのセキュリティ設定が可能で、「編集」、「アノテーション編集」、「印刷」、「転記」の禁止などの操作制限が可能なっています。
ドキュワークスは、文書管理ソフトです。文書管理する上で、電子文書にするという考えがありますが、その電子文書にした管理でドキュワークスと言うのは、すばらしい機能が多数紹介してきたと思います。これからは、紙文書の時代ではなく電子文書の時代になってくるのです。ネットワークで管理され、スムーズな決裁等々迅速化こそが、インターネット時代の最たる機能なのです。
ドキュワークスの購入価格・購入場所を気にしている人が沢山います。「富士ゼロックスのドキュワークス」と言うのは分かります。富士ゼロックスのドキュワークスであるから「富士ゼロックス」に行けば購入できるかと言うと、購入できないでしょう。富士ゼロックス本社にお店はないでしょうからね。ドキュワークスは量販店に、売っています。そして、ポイントも付きますので 富士ゼロックスのホームページに記載されている15,200円よりは安く購入することが出来ると思います。


RSS関連リンク
ドキュワークス実践使用例
富士ゼロックス ドキュワークスの使用例を画像入りでドキュワークスを使ったことがない人分かりやすく説明...

ドキュワークスとは
さらに、新しいコンセプトを提案する「DocuWorks Context Service」も提供し、個人の文書管理からグループ、企業レベルでの統合的な活用まで、より快適な文書環境の構築を強力に支援します。 っと、富士ゼロックスのドキュワークスのホームページには、 ...

posted by ドキュワークス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71532510

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。