こちらのサイトが、ドキュワークスについて、よくまとめられています。
ドキュワークスを使用するのに、参考にされてみてはどうでしょうか
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ドキュワークス 実践使用例 サイトマップ


2007年12月20日

ドキュワークス 拡張子

DocuWorksとは、富士ゼロックス社製の、電子文書と紙文書を一元管理する文書管理アプリケーションである。DocuWorks文書生成や、DocuWorks文書への電子署名、暗号化などを行うソフトウエア。作成されるデータの拡張子は、XDWである。
DocuWorksの特徴として、DocuWorks文書の編集 & 加工が出来ます。DocuWorks文書に付箋を貼る、文字や図形を書き込む、マーカーで線を引く、スタンプを押すなど、これまで紙で行っていた作業が、DocuWorksで簡単に行なうことが可能です。テキストアノテーションでは縦書きや自由な角度へ変更でき、細かい行間隔指定も出来るなど、より汎用性に富んだ編集・加工が可能となっています。これにより、オフィス仕事がスムーズに行えることとなります。文書に付加した加工&編集は、画面上で移動や削除やコピーなどが簡単に出来ます。
DocuWorksの機能で、ファイルやHPへリンクする機能がある。DocuWorksでは、ページに貼り付けられるリンクを搭載している。他のファイルへのリンクや名前付きリンクへ飛ぶ機能を利用すると、マニュアルを作成するときの操作性が上がります。「戻る」「進む」ボタンを使うことで、同じDocuWorks文書内での移動もスムーズに行なっていけます。
DocuWorksでは、用途に合わせたセキュリティを行える機能が豊富にあります。電子証明書/電子印鑑による電子署名をすることにより、本人が承認した事実を確保される。そのことで、ネットワーク上でのDocuWorks文書(電子文書)のやり取りが可能となります。電子署名は、署名本人の証明情報を入手し、署名を確認して署名が正しいことや、署名後にDocuWorks文書に改ざんがないか確認することが可能です。そして、複数の署名の場合、承認した順を分かるだけでなく、各人が署名した前後のDocuWorks文書を復元出来るので、承認者がどのような内容のDocuWorks文書に署名したかを確認することが可能なのである。
DocuWorksを使うと言うことは、文書管理ソフトを使っていると言っても過言ではないでしょう。DocuWorksは、PCで管理するものですから全てデータ = 電子文書なのです。そして、電子文書・・・難しいそうですが、ようはパソコンに入った写真だと思ってもらえればいいと思います。紙文書をデジカメで撮って、PCで管理する感じでDocuWorksは使えるのです。ですので、DocuWorksを使うことは文書管理すると言ってもいいと思います。
DocuWorksで、検索すると価格を気にしている人が多数います。ヤフー・Google 検索サイトで「DocuWorks」と検索すると、「いくらぐらいするものなのか?」と質問している人が沢山います。富士ゼロックスのホームページに行けば定価15,200円と言うのは分かります。ですが、実際に富士ゼロックスで購入することは出来ないでしょう。そんな場合は、量販店に行くことをおススメいたします。まずは、定価から数%割引されて、その上 購入価格の数十%と言うポイントが付くのです。それを考えれば実際の購入価格は、定価よりかなり安くなると思います。実際、定価で購入しても機能・性能を考えれば安いものだと思います。


RSS関連リンク
ドキュワークス実践使用例
富士ゼロックス ドキュワークスの使用例を画像入りでドキュワークスを使ったことがない人分かりやすく説明...

電子文書はDocuWorks(≧∇≦)b !
... になるので便利ですよ☆プラグインも充実しています。自己解凍書庫、アノテーションなど勇士によるプラグインもアップされてます(^^;)体験版が90日ありますので使って見られると良いですよ(⌒^⌒)b http://www.fujixerox.co.jp/soft/docuworks/

posted by ドキュワークス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。